2014年12月03日

卒業研究をやるかどうか…

今年学習センターで開催された
卒業研究の履修ガイダンスに出て
いつか取り組んでみたいなーと漠然と思ったけど

その研究のために費やす時間、集中力、そして一番の課題は
それをこなすための気力体力がどこまで持つか・・・

など心配事がたくさん。


エア卒業研究(笑)で
ある程度枠組みや方向性(研究計画)を
来年からたててみようかと思う。


こんな年齢になってから何やってんだって
ふと思うけど、探求欲がある以上やらないで悶々してるのも
もったいないなと思うし…



今、授業で習ってる先生は中年を過ぎてから
とある分野の研究を始めたくて大学院に入って
こつこつやってきたんだとか…
まだ院生が終わったばかりなのに
その研究成果を踏まえて更なる探求のために
授業をやっている姿をみて
何かを始めるのに、遅い早いは関係ないのかな…


やる気、情熱なのかな…


と、ぼんやり思い始める年の瀬の夜でありました。



それにしても、深く掘り下げようとするには
基礎が大事と痛感。


死ぬまで勉強なんだろうなこりゃと思うほど
知らないこと山もり。 気になること山もり。



(((o(*゚▽゚*)o)))


posted by 紅緒 at 00:12| Comment(0) | 大学・語学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。