2012年06月18日

どうでもいいこと

現役の学生時代(10代)の時もそうだったけど
今でも同じように「どうでもいいこと」が気になってしまう学生生活。


いろんな気になる「どうでもいいこと」があるのだけど

大学生活になって特に気になってしまう思うのが…
先生が配るプリント。

特に自分が社会人生活をして仕事の中で資料作成していると
絶対気にする点だから、余計きになるのかもしれないけど…


サイズ。
  A版B版混在バージョンでファイリングに困る…。


両面印刷。
  長辺綴じ、短辺綴じ、見開きとか色々向きの設定があるのに
  それを統一しない…のかと…。


まぁ内容が分かればそれで良いじゃん
学校なんだし…
プレゼンじゃないんだし…

と、思うようにしようって思っても
やっぱり毎回気になってしまう。

もっと広い心を持ちたいわ(苦笑)


そして、プリントの配り方。


・列の人数を数えて
 前列の人に渡して
 後ろに回していく方式。

・列の人数数えず、適当に束を分けて
 前列の人に渡して
 後ろの方で其々の列で帳尻を合わせ合う方式。

・先生が一人ずつに配布して回る方式。


大体、この配り方の違いと用紙サイズや印刷向きの違いは
リンクしている気がする今日この頃。


まぁほんと「どうでもいいこと」だわね( ´,_ゝ`)


.


posted by 紅緒 at 22:07| Comment(0) | 大学・語学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。