2011年05月02日

農園ライフ8回目:トマト・ピーマン・茄子・バジル・パセリ・生姜・モロッコインゲン・キュウリの植え付け

先週する予定だった、モロッコインゲンの種まき
野菜市場で買ってきて、ずっと植えるの忘れていた生姜の根。



そして、いよいよ畑の主役夏野菜の植え付け。
今回は地方野菜や変わった野菜を植える事にしました。

手のひらほどの大きさになるらしいメガピーマン
会津丸なす
うす皮やわらかナス



黒いイタリアントマトのイタリアングレープ
デルモンテの中玉トマト苗フルーツルビーEX
加賀青長節成きゅうり



コンパニオンプランツとして
スイートバジル
パセリ



夏野菜を植えるエリアを再度耕し中。
元肥は入れ終わっているので耕すだけにしました。
畝は、2本立てにします。



茄子とトマトは離して植えた方が良いらしいので
ちょっと離れたところに…
同じ畝に生姜を広めにのびのびと。

コンパニオンプランツのスイートバジルはトマトの間、
同じくコンパニオンプランツのパセリは茄子の間、
メガピーマンは茄子の隣に植える事にしました。



生姜以外の畝は、黒マルチを張りました。
今日は無風に近かったから、マルチ張りが楽で良かった。
前日の暴風の中だと…間違いなく無理な作業だったと思います。



生姜はどうやって植えるのかチェックせず畑に持ってきてしまったので
適当に穴を掘って埋めてみました。



全て植え終わって、トマト・茄子・ピーマンには支柱を。
ここ最近の突風、暴風を考えると…
苗の周りにビニールで壁を作って覆った方が良い気がしたけど…
今回はこのままで。



続いて…モロッコインゲンの種まき。



種はこんな感じ。
普段、平べったい鞘を食べていて、成長した種は見た事なかった…。
せっかく種から育てるから、鞘を楽しみつつも
種(豆)の収穫までやってみようと思います。



加賀青長節成きゅうりは、豆類の間に植える事に。
一昨年の畑作業ではキュウリが病気でダメになってしまったので
今回は無事に育つと良いなぁ…。
実はこの苗、接ぎ木苗じゃないので心配は更に大きかったりしています。



強風で土が飛んで種が出てしまった絹さやの教訓を生かして
モロッコインゲンの種はちょっと深めに埋めました。
というわけで、植え付け終了〜♪



.


posted by 紅緒 at 18:30| Comment(0) | 市民農園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。