2010年06月28日

三十路、最後の1年スタートなう!

三十路入り口の頃は
無茶しまくりでも何とかなっていた。

で、無茶が祟って
そろそろセーブしないと死にますよ?!
ってお告げだったのか身体壊してみたり
親が他界したり
身辺でもトラブルありまくりだったり
大学生になってみたり
他諸々波瀾万丈すぎました。
けど、それはそれでメチャクチャ楽しかったし
無茶しまくったお陰で念願のバイク免許も取って
楽しいバイクライフを過ごせることにもなったし
良かったのかもしれない。


三十路後半は
ドタバタがおさまるかと思いきや…
家買ってみたり、結婚してみたり
ついにバイクで事故って廃車寸前にしてみたり
なんだかやっぱりドタバタ(笑)


せめて最後の1年は平穏無事に過ごせるといいなー。
「平穏無事な暮らし」自体
どんなものなのかすら分からないけどw


いろんな人に支えられここまで来ました。
人生後半は、ささやかながらも人の支えになれる
何かを出来たら良いかなぁ…と思ったりもしていたり。


そんなこんなの想いがグルグルしているのでした。


さて…
この週末から今日にかけて
誕生日プレゼントまたまた頂きました!!


毎年、どんなテーマで攻めてくるのか楽しみな
長年の友からの品は…
今年は「黒もの」でした〜☆
今年もありがとねーーー。


黒々なキッチン用品
この黒いしゃもじ、しゃもじ立てに立てなくても
自立するのよ。凄いわ。
今使っている白いヤツをポイポイして
デビューさせましょう。
ssps10062801.jpg


そして、世間で話題になっているようだわねーと思いつつ
手を出しそびれていたレンジ調理容器。
ssps10062802.jpg


ちょこっと料理に便利そうなサイズ♪
レシピも付いていたけど、WEBでアレコレ検索して
色々作ってみまーす。
ssps10062803.jpg


そして、昨年夏のチャリンコ通勤で愛用していた
高分子吸収体入りのひんやり首スカーフを処分して
買い替えようと思っていたら!!!
しかも、これ…繊維が水分を吸収(保水)するタイプだから
洗濯ができるようで、長く使えそうな気がする。

そして、Twitterで話題になっていた「おたまとーん」
早速音出しまくって、我が家のデグー息子「ぷく」を
不思議顔にして楽しみましたw
ssps10062804.jpg




そして、今日帰宅ったら、新たなプレゼントが
ポストに届いていました〜。
ありがとーーー☆☆☆
メッセージカードの
  「大好きな!?」の「?」
が気になるけどwww

ミキサー買ったあたくしにレシピ本〜♪
これまたウレシス。
なかなかチャレンジャーな組み合わせに挑戦できてないけど
レシピ参考にチャレンジしてみますだー。
ssps10062805.jpg




で、相方は閉店間際のキルフェボンに潜入できて
タルトを買ってきてくれましたー。
ssps10062806.jpg

好きなモノを選びなさいってことで…
メローン♪を選びました。
メチャウマー。
キルフェボンのフルーツタルトは最高だわ。
チーズケーキもヤバいくらいうまい。
チーズが苦手なあたくしが食べれるんだから相当だと思う。
ssps10062807.jpg

相方は、オレンジのタルトとチーズのタルト。
凄い勢いで完食してました。
ご飯は食べるのゆっくりなのに
スイーツの食べる速度はスゴイのです(謎)
ssps10062808.jpg


というわけで、三十路ラストの1年スタートです。
来年の今頃どんな事を考えている事でしょうか。
まぁ大差ないと思うけどwww


他にも色々メッセージやプレゼント送っていただいた皆様
本当にありがとうございました!!
1人じゃないんだと思える幸せ。
感謝感謝!!
posted by 紅緒 at 23:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月23日

ちょっと早めに誕生日プレゼント貰ったったー☆ お茶祭り〜♪

ふと気づけば…今月もあとわずか。
誕生日(28日)まであと数日。
つい先日、6月突入!!!
誕生月のサービス使いまくったる!と息巻いていたってのに
時がたつのは早いですなー。


そして、先ほど友からのプレゼントが届きました。
今年はお茶祭り。
香り付きの紅茶は馴染みがあるけど
香り付きの麦茶です。
どんな味と香りなのか楽しみ!
ssps10062301.jpg


そして、お茶を入れる道具も同梱されていました。
ssps10062302.jpg


をぉ!!!
おひとり様でお茶を満喫できるアレだわ!!!
ジョナサンなどのドリンクバーで使っている
茶漉し付きガラスカップを買おうかとずっと迷っていたので
うれしすーー!!
ssps10062303.jpg

しかも、可愛い。
黄緑色の蓋を裏返せば、茶漉し置きになります。
ssps10062304.jpg


早速、カップを洗ってお湯を沸かして
お茶をいただきますかねー。


いつも、ありがとーーーーーーーー!!

posted by 紅緒 at 20:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月19日

ipadを生で見て洗脳された!(笑)

ネットで話題になっている様子や
オモローな吹き替え動画を見ては
へぇ〜ipad出たのかー。へぇ〜。
程度の興味レベルだったのだけど
(というかipadで何が出来て、自分は何をしたいのか見えて無い状態)


この動画は最高よねwww




で、先日初めて店頭で現物をちょこっと見たけど
まったくと興味レベルが上がらず…


友がipadゲットすると云っていたので
実際に使う人に見せてもらうと違うのであろう〜
と思っていて…

そんな見せてもらう日が突然やってきました。


というわけで
近所のモスバーガーへ出撃〜〜。

あたくしは、モスチーズバーガーにしました。
ssps10061901.jpg

友は、話題のラー油バーガー。
ラー油部分を少し食べさせてもらったけど
桃ラーとは違って辛いのね!w
全部食べたらヒーヒーになるかも…
ssps10061902.jpg


というわけで、モスにて数時間に渡る
ガジェット見せびらかし大会が始まりました。

あたくしのこまごま品。
ssps10061903.jpg


それに比べてipadときたら…
でかいくせに色々詰め込まれているので
荷物の総数、持ちかえの手間など考えると
断然有利な雰囲気をぷんぷん醸し出しているのであります。
ちなみに、友の目玉ヘルメットも欲しくてたまらん品だけど
あたくしの頭がデカすぎるため…
購入は見送ったのでした。
かわいいよねー。
ssps10061904.jpg


スイッチオンです。
Wi-Fiルーターのスイッチがオンされていれば
すぐさまネットにつながってアレコレ見れます。
iPod touchでも実感しているけど
この短時間での機動性ってPCにはまねできないところよね。
ちょっと何か見るだけなのに起動する待ち時間…
昔よりは早くなっているとはいえ苛々します。
ssps10061905.jpg


地図もこの画面サイズだと
分厚い地図本を持ち歩かなくても十分事足りるよね!
と思いましたー。
まぁ使うのには電波がある事が前提だけど。
ssps10061906.jpg


そして、友はお絵かきマンなので
お絵かきアプリのデモンストレーション。
静電式ペンで描き描き。
もっと使いやすそうなペン(ペン先が細いヤツとか)が
あったらいいのにな。
PDAやDSで使うようなスタイラスみたいな細さの。
ssps10061907.jpg


お手頃な価格で色々なアプリがあるのも魅力よね。
このアプリも千円してないらしいよ。
ssps10061908.jpg


TwitterのTLを時折眺めつつ
アコレコ使い方の模索をしてみたけど
想像していたより欲しいモノかもしれないと気づいてしまった。
電池の持ちもレッツノート以上かも?!だし

あーーーイカンイカン!!!
数時間ですっかり洗脳されてしもたわwww


まずは、このipadってツールを使って何がしたいのか
その辺から見直してみるべきね。
少なくともipadへの興味レベルは上昇。

ぼろくなってきた、この↓黄色い相棒の機種変をするくらいなら
その予算を回しても良いお品という格付けにはなりました。
ssps10061909.jpg

posted by 紅緒 at 18:09| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月02日

思考を刺激する書籍取り寄せ中(^ー^)b

念願の吉村均先生の授業に参加して早くも1年。
今回も、しょっぱなから興味津々でスタート。
1年中先生の授業に出席できる学生さんに嫉妬しそうなくらい。

去年お薦めされた書籍ですらアレコレ買いすぎて
読み終わってないものもあるにもかかわらず…

今回取り上げられている参考書で気になるものが
もれなく出てきたので、Amazonお急ぎ便で注文。

次の授業まで1週間あるからざっと目を通しておきたい。
が…遅読なため、その「ざっ」が微量な事が問題(汗)


常に話題に出てくるのに
実は一度も書籍に目を通した事が無かったので
和辻哲郎の今回の授業で紹介された
「人間の学としての倫理学」
を注文してみた。

人間の学としての倫理学 (岩波文庫)

人間の学としての倫理学 (岩波文庫)

  • 作者: 和辻 哲郎
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 2007/06
  • メディア: 文庫





そして、あたくしが西洋哲学を勉強し始めた直後感じた
理解できない西洋的感覚の『何故』を
多少なりとも解消する手助けになりそうな気がしたので
ついでに注文。

反哲学史 (講談社学術文庫)

反哲学史 (講談社学術文庫)

  • 作者: 木田 元
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2000/04/10
  • メディア: 文庫




反哲学入門 (新潮文庫)

反哲学入門 (新潮文庫)

  • 作者: 木田 元
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2010/05/28
  • メディア: 文庫





そして、今回の授業の前に…と
去年の授業の内容を復習していて
ノートにメモしてあった英語版の
ダライ・ラマによる中論についての解説の本が
そろそろ日本語化されているのでは?と調べたら
つい先日出ている事がわかって注文。

ダライ・ラマの「中論」講義―第18・24・26章

ダライ・ラマの「中論」講義―第18・24・26章

  • 作者: ダライラマ14世テンジンギャツォ
  • 出版社/メーカー: 大蔵出版
  • 発売日: 2010/05
  • メディア: 単行本



英語版だと仏教用語も多いし難しいと思うよと
先生に言われていたから、待ってました日本語版!!なのでした。
が…今日の授業で(日本語であろうとも)内容は難しめ
のような事を言われていたので…ちょっとビクビク(^^;

きっとこれを読み始めるのは面接授業が終わってから
下手すると単位認定試験終わってからの夏休みだろうな。
という気がする。


はたして、今月が終わるころに
どれだけ追加購入の本が出る事やら(汗)
それだけ、好奇心を刺激しまくられる授業なのでありました。


来週も楽しみだ〜ん。
posted by 紅緒 at 22:12| Comment(2) | 大学・語学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。